« 表彰する成果 | トップページ | 溢れる公園 »

迫りくる何か

ちょっと遅い時間まで事務所にて仕事をしておりましたところ、入り口のセキュリティーアラームがなりました。「あれ、みんな帰ったはずなのにな、忘れ物でもとりに戻ったのかな」と思い、こちらに声がかかるのを待っていました。(わたしの席から、入り口は見えないのです。) しかししばらく待ってもだれも来ません。不審者かと思い得物を手に、入り口の方が見えるところまで。

入り口付近に人影はありません。・・・

入ってすぐ階段があるため上の階にあがったのか。2階から3階へは、赤外線アラームがあるのでそこまではいっていないはず。

事務所入り口までたどり着くとドアは閉まっています。そこから階段を見上げても人影はありません。

耳を澄まします。

物音は聞こえません。

何気なく事務所のドアに手を掛けると・・・



カギがしまっています・・・

入ってからわざわざカギを掛ける不審者はそうそういません。

首筋から背中全体にざわざわとした感触が広がります。

物理的な力で対抗できないものの侵入か・・・

遭遇したらどうしたらよいのか・・・

お経かを唱えるか、そういえば食堂に御札が・・・、いや、あれは火事除けか・・・

意を決して一歩踏み出す。と、何か小さな硬いものを踏みました。

何だろう・・・

気をぬかず、あたりを伺いながらそっとそれを拾い上げると・・・

セキュリティのアラーム装置の部品でした・・・

ドア枠とドアにそれぞれ部品がついていてドアが開くとその部品同士の距離があいてそれにより警報がなる仕組みになっています。そのドア側の部品が落ちてしまったことで距離があきアラームがなったのでした。

夏の終わりのちょっと、涼しくなった(というか最近寒いので、もういいですってかんじですが)出来事した。

今日の一言

「両面テープの粘着力はとても大事」

☆(〆^_゚)

|

« 表彰する成果 | トップページ | 溢れる公園 »

コメント

怖いですよね~、こういう怪奇現象。
うちの事務所にも、夜中に誰かが「ガチャガチャ」とドアを開けようとする音が聞こえるそうです。
こ、怖すぎる・・・。
怪奇現象
起きてもいいけど
昼間にしてね(字余り)

投稿: ぱない | 2008年10月 5日 (日) 19時15分

ぱないさん
ありがとうございます。

そうそう。真昼間ならなんとか。
でも黄昏時は、またそれはそれで怖いかと・・・

投稿: shimam | 2008年10月 6日 (月) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迫りくる何か:

« 表彰する成果 | トップページ | 溢れる公園 »