« へー、こんなものがあるんだ | トップページ | 鍛えるくちびる »

ダメだしの効用

食事をしながら見ていたフジテレビの「エチカの鏡」での接遇の講師平林都さんのことば。

「人の悪いところを指摘すると、自分の向上につながる」

正確な言葉遣いは違ったかもしれませんが、意味としてはあっていると思います。

ある会社の若手社員を集めての研修。

その中で、8人くらいずつ前に出て、挨拶をする。それにたいして他の受講生が、駄目だしをするという場面での言葉でした。当然ダメ出しをした人も後から自分が前にでて挨拶する立場になります。指摘したところは意識するようになるでしょうし、指摘した以上自分自身がきちんとやろうという意識にもなると思います。

これは日常でも置き換えられると思います。

子供に成長させられるということもよく聞きます。基本的なことをこどもに注意しているとできていない自分に気づく。それによって自分の行動を修正していくことができる。

フィッシャーキングという映画を思い出しました。

ひとこと

「意識」

☆(〆^_゚)「

|

« へー、こんなものがあるんだ | トップページ | 鍛えるくちびる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダメだしの効用:

« へー、こんなものがあるんだ | トップページ | 鍛えるくちびる »