« バッグハンガーその3 | トップページ | 会計監査 »

赤は使いよう

「情熱の赤」という表現があるように、赤はやる気出す色という印象がありますが、実際は逆のようです。

池谷裕二さんのお話によると、いろいろな実験によって赤はやる気をそぐ色だと言うことがわかってきたとの事。

たとえば問題を2種類用意して簡単な問題と難しい問題を選ばせる。その際にどちらを選んでも不利にはならないと伝えると、どうせなら難しいほうを選んだほうがやりがいがあると難しいほうを選ぶそうですが、表紙や解答欄に赤を使うと簡単なほうを選ぶ人が増えるそうです。

そういえば以前に研修でお世話になっている小山社長が経営計画書の表紙を赤にしたら赤字になったとおっしゃっていました。実はこんな裏づけがあるのかもしれません。

ひとこと

「色」

☆(〆^_゚)

|

« バッグハンガーその3 | トップページ | 会計監査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤は使いよう:

« バッグハンガーその3 | トップページ | 会計監査 »