« こんなものまで | トップページ | 記憶 »

病院で

付き添いでいった病院。

車椅子に乗った10才くらいの少年。

わたしの子供と同じくらい。

頬はこけ、手も足も骨に皮膚が張り付いただけのような細さ。

涙が出そうなりました。

なぜか?

かわいそうという同情の気持ちなのか。

でもそんな気持ちは彼にとって失礼なのではないか。

自分の子供に多くを求めてしまう気持ちへの自戒なのか。

理由は判然としない。

「感情」

|

« こんなものまで | トップページ | 記憶 »

コメント

なんだろう。。。
でも判ります!絶対私も思うはず。

同情・・・というか本能というか。。。

失礼とおっしゃる意味も判りますが、
でも人間の本能というか・・・
「助けたい」と思う気持ちもあるのではないかと思うのです。

第一線で働かれてる方が、そういう優しい心の方のアンテナも保たれてると なんだか嬉しくなっちゃいます。
IPADを使いこなしてる社長さん!
素敵ですわ~♪^^ゴチ♪

投稿: AKI | 2010年8月20日 (金) 19時48分

AKIさん
コメントありがとうございます!

なんか面映いですが
iPadはまだまだ使いこなすまでいってないんですよねー・・・

ゴチっすね・・・

投稿: shimam | 2010年8月21日 (土) 07時38分

初めまして。
つい先日、私も病院で島村さんと同じような経験をしました。

親御さんと小学生の弟さんに付き添われて病院に来たその男の子はまだ中学生で、世間的にはあまり知られていない病気です。

聞こえてくる会話やその子を見ているだけで私の涙が勝手に出てしまいました。

たまたま同じ病気だけれど、
子供にとってはどれだけ辛いだろうか・・

同情とか失礼かなとか考える余地なしの
感情でした。
上のコメントの方の、本能が近いのかも知れませんね。


投稿: マキ | 2010年8月24日 (火) 22時44分

マキさん
コメントありがとうございます。

そうですね。
涙なんて考えて出るものではないですよね。
本能や感情に理由づけは無意味なのかもしれませんね。

投稿: shimam | 2010年8月25日 (水) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病院で:

« こんなものまで | トップページ | 記憶 »