« 北尾吉孝さんのお話 | トップページ | 絶好の・・・ »

つき

あと1点がなかなか取れない。

実力的には多分勝っているように思えるのに。

じわり、じわりと回だけが進んで、そのたびにつかんだと思った1点が指の間からすり抜ける。

相手にはピンチを切り抜けたという勢いが、こちらにはチャンスをものに出来なかったという焦燥感が、気づかないうちに積もっていく。

昨日の月は綺麗だったけれど。

「2部2回線突破おめでとう!」

☆(〆^_゚)

|

« 北尾吉孝さんのお話 | トップページ | 絶好の・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つき:

« 北尾吉孝さんのお話 | トップページ | 絶好の・・・ »