« 都立新宿高校甲子園初出場 | トップページ | 人間魚雷 »

新幹線の産地

今回の鉄鋼機械工業部会は徳山で開催。

新幹線に乗って4時間強。

株式会社日立製作所笠戸事業所様と株式会社山下工業所様を訪問。

じつはこの2社新幹線の製造に関係しています。

日立製作所様は最初から、最後まですべての工程を、山下工業所様では、あの特徴的な頭の部分の打ちだし板金をしています。

日立製作所様では板から車体が出来上がり、塗装され内装を取り付け完成と、順を追って見せていただきました。

その工程での様々な工夫がとても勉強になりました。

残念ながら写真は禁止ということで画像はなし。

続いて山下工業所様へ訪問。

打ちだし板金というのは、金属の板を金づちなどで叩きながら少しずつ、成形していく技法です。

銀行さんの会で燕三条で銅板をうちだして、やかんを作ったり花瓶を作ったりしている現場を拝見いたしましたが、こちらはそれよりも大きなものを作っていらっしゃいます。

工場に入って会社の説明を受けた後、打ちだし板金で作ったヴァイオリンを演奏していただきました。

演奏された方に伺うと、木製のものとは全く音が違うそうです。

F1000933演奏中

F1000936 ステンレスのヴァイオリン

F1000937 こちらはマグネシウム

F1000938こちらは成形中のヴァイオリン、金づちの跡が見えます。

板からこれだけの物を生みだす職人技に感服。

「匠」

10461歩

2189キロカロリー

☆(〆^_゚)

|

« 都立新宿高校甲子園初出場 | トップページ | 人間魚雷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線の産地:

« 都立新宿高校甲子園初出場 | トップページ | 人間魚雷 »