« 白雲なびく | トップページ | 電話がどうも・・・ »

しおり

今朝のクロノスで聞いたはなし。文庫本についている紐のしおり。スピンというそうです。スピンといえば牛車の車輪のような形のスナック菓子を思い出します。そういえば最近見ないな。それはどうでもいいのですが今、文庫本でスピンをつけているのは新潮社の本だけとのこと。この取り付けは手作業でしているということで他社は経費削減のためになくしてしまったよう。新潮社では2色印刷だったところを1色刷りにして対応しているとのこと。
そういえばしおりがなくて困るとカバーをはさんだり、場合によっては読んでいるページを記憶したりしているんですが、カバーが外れたり、数字を忘れたりしてしまうのであると便利なんですけが。

「工夫」

9141歩

2101キロカロリー

☆(〆^_゚)

|

« 白雲なびく | トップページ | 電話がどうも・・・ »

コメント

スピン!
あの量のおおいふあうふぁのあれですね。
子供の頃、お徳感が強くて大好きでした。

そして文庫の紐しおり、あれは高級な文庫
にしかつかないと、ずっと思ってましたよ。

だから、新潮とかのにしかつかないんだなぁとか。

しかし、あれが手作業で付けてたとは、
初めて知りました。

なくなる事もなくてすごく便利なんですけどねぇ

投稿: shidoと呼ばれるなにか | 2010年12月 7日 (火) 22時39分

shidoと呼ばれるなにかさんありがとうございます。

返コメ遅くなってしまいごめんなさい。

そうなんです、手作業らしいんですよ。。。
開きやすいしはさみやすいからほんとに便利なんですけどねー。

投稿: sihmam | 2010年12月10日 (金) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しおり:

« 白雲なびく | トップページ | 電話がどうも・・・ »