« Sence of humor | トップページ | 「頑張って!」ではなく「頑張ってるね!」 »

こころのダメージ

先日ラジオでやっていたのですが、被災者の方のPTSDを防ぐために話を聞いてあげることが大切だそうです。

その時に、最初に起こったこと、出来事を聞きます。次にその時に考えたことを聞きます。最後に思ったことを聞きます。感情は最後に持ってくるのがポイントだそう。

身の回りには直接被災された方はいませんが、間接的にお知り合いをなくしたり、テレビの映像にさらされてあとあと心的障害がでるかもしれない可能性はだれにでもあるといいます。

身近にちょっとふさぎこんでいたり、いつもと様子が違ったりするような方がいらっしゃったら上記のようなやり方でお話を聞いてあげるのもいいかもしれません。

「心」

☆(〆^_゚)

|

« Sence of humor | トップページ | 「頑張って!」ではなく「頑張ってるね!」 »

コメント

私もこの領域の勉強をさせていただいていますが、人の話もロクに聞かず、ボンボン薬を処方するだけの医師が多すぎます。

薬を飲んでPTSDが良くなるなんてないし、人の悩みの原因も千差万別なのに、人の話も聞かないなんてあり得ません。

投稿: 小倉謙 | 2011年3月18日 (金) 17時40分

小倉さま
コメントありがとう!
やっぱりそうなのね。
薬で抑えても基本的な解決にはならないですもんね。
医学的な対応も必要かもしれないけど、違ったアプローチが大切なのではと思いました。

投稿: shimam | 2011年3月20日 (日) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こころのダメージ:

« Sence of humor | トップページ | 「頑張って!」ではなく「頑張ってるね!」 »