« モノづくりにどういかすか。 | トップページ | 朝ランのとも1 »

けのび

自分ができてしまっていると気がつかないことがあります。

子供に水泳を教えているのですが、基本として「けのび」をやらせていました。

壁をけって、手の先から足先まで伸ばして、バタ足をしたり手を掻いたりせず蹴った力だけで進むものです。

たまたま読んだ雑誌に腕を伸ばす時に耳の後ろにつけて伸ばすと書いてありました。

その時、自分はけのびといえば自然にその形になってしまい注意点としても思い浮かばなかったことに気がつきました。

クロールや平泳ぎでの注意点、ポイントはいくつかあげられるのですが、けのびは簡単二思え、当たり前のようにその姿勢をとっていたので、注意していませんでした。

そこをきちんとやらせるようにしたところ、距離も伸びました。

そして、クロールの基本もそこにあることに改めて気付きました。

一番簡単なところに一番大切なことがある。

「舞い上がる」

☆(〆^_゚)

|

« モノづくりにどういかすか。 | トップページ | 朝ランのとも1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: けのび:

« モノづくりにどういかすか。 | トップページ | 朝ランのとも1 »