« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

マジック

京王プラザホテルのバーで、テーブルマジックを見る。

まさに目の前でやってくれるのだけれど本当に分からない。

後から考えると、あの時に何かをしたんだろうなという瞬間が分かるものもあるが分かっても、自分でやってみろと言われてもできない。

マジックというのはテクニックもあるが、ぼくらの意識をいかにそらすかということがとても大事。

それは言葉であったり目線や体の使い方であったり、するのだがそこでできる空白をうまく使っている。

うまくだまされる快感は何物にも代えがたい。

「ミスディレクション」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波をお起こす

発明デザイナーのIさんと障害者の方のアイデアを集めてそれを製品化することでより良い社会にしていこうと考えているHさんと打合せ。

障害を持っている方の悩みを解決することは、実は健常者にとっても使いやすい製品につながる。

製品だけでなく、社会全体の仕組みも変えることができるような動きにしていきたい。

そんな中身の濃い打合せだった。

「個性」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶたきむち

F1001404

先日行った韓国料理屋さんで食べた〆のご飯。

お店の方が丁寧に、形作ってくれたのは「豚」

なんだか、遊び心があって楽しいかったです。

「空腹」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BNI半期終了

本日でBNIレインボーチャプターの半期が終わります。

今回はエデュケーションコーディネーターという役割をさせていただきました。

これは毎回あるエデュケーションコーナーという4~5分の時間を利用して、メンバーのリファーラル(紹介)スキルを上げるお手伝いをする役割です。

前エデュケーションコーディネーターのAさんが素晴らしかったのでプレッシャーもあり。

なんとか、お役を終えることができました。

ありがとうございました。

「半年」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ものづくり・ものがたりづくり

僕らの仕事は、手を使って直接、ものを作っているわけではありません。

協力メーカーさんに依頼をして作っているわけですが、いいものを作ってもらう「ものづくり」に対して僕らはそのもののよさをどうお客さまに伝えて喜んで購入していただけるかというものがたりづくりが仕事なのだと思います。

以前ジャパネットタカタさんにお邪魔したときに、社長がおっしゃっていた日本には商人がいないということばと、ボーっときいていたラジオから聞こえた言葉から、ふっと頭に浮かんできました。

「つくる」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朔月さんの秘密兵器

先日お客さまとうかがった銀座の「朔月」

実はとてもおいしくてお代わりしてしまったのがこれ!

F1001384

鉄板の上でチーズをカリカリに焼いたもの。

これが、ワインにとてもよく合うのです!

お酒が進みすぎてしまった理由はこれだな・・・

「赤」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対応

夕方にお客さまより連絡があり、商品の対応で動く。

出かけていなかったので、即対応ができたが不在だったらと思うと・・・

お客さまとこちらサイドの認識の違いが大きな原因。

クリアしていかないといけない問題。

「ギャップ」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆきのした

先日の敬老の日。

BNIレインボーチャプターメンバー、WILD&SMILEの澤田さんに、お花をお願いしました。

雪の下という胡蝶蘭。

F1001410

とてもかわいらしいお花です。

ちゃんとお手入れすると、来年も花をつけるそう。

敬老の日にふさわしいお花ではないでしょうか。

「敬」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様

PTAでお世話になっている会長の社務所(新宿区にある有名神社の宮司さんなので)にて食事会。

会長の高校大学の同級生の方が当社とお取引があって知り合いだという縁があり、参加させていただいたところ、お取引先の方や銀行の会でお会いした方などが多数いらっしゃいました。

今回も初めての方がたくさんいらっしゃって、お話をさせていただきました。

ビジネスビジネスしているわけではありませんが、お仕事のお話もできて、こういうとこから始まるのはとてもいいなと思います。

「和」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直撃

久しぶりの台風直撃。

交通機関にも乱れがありました。

地震に比べて状況がつかめるため多少はいいかな。

会社でも様子を見ながら、少し早めに店じまい。

一人で残っていたところ、事務所が近くのBNIメンバーより、

事務所飲みをしているとの話があり、合流。

台風が行っちゃってからの帰宅になりました。

「一過」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空気を変える

明治大学関係の卒業生の会紫紺クラブに参加させていただいた。

映画監督の篠原哲雄さんの講演。

実は法学部の先輩だそう。

大学時代のお話から、助監督を経て映画監督になり現在までのお話を伺った。

10年にわたる助監督時代の苦労話はとても面白かった。

なかでも、テレビドラマ製作の場で監督から理不尽にこっぴどく叱られたときのお話が心に残った。

その時は本当に怖くて怖くてどうしようもなかったそうだが、あとで考えると篠原監督を怒ることによって現場の空気を一新させたかったのではないかと思えたそう。

それまでは、なんとなく緩んでいた雰囲気がそのあとはぴっとしたそうだ。

時にはそういった手段を使って場を変えるということも必要なのかもしれない。

「月とキャベツ」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハマグリドロ

ニュースを見てたら、静岡の海岸で漁業区域でハマグリをとっている人たちの様子をやっていた。

そこは漁業権が設定されていて勝手にとってはいけないところ。

さらに、ただ単に漁師の方々が稚貝をまいたりしているところらしい。

とっている人たちはあまり大きな罪の意識はなく、ちょっとだからいいだろうという感じ。

その数100人近く。

こういう人たちは、近所のお店で平気でものをとるんだろうか。

盗んでいるという意識はないのだろうか。

あきれる・・・

「淋」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピード

先日、iPod nanoのモニターオンオフのボタンが押されたままになってしまったので、修理に出すことに。

取り合えずアップルのサイトを調べてみると、シリアルナンバーを入力すると保証期間内か分かるらしい。

入力するととりあえず期間内ということが判明。

そのまま、修理の依頼ができるということだったので、症状やらを打ち込んで引き取り時間を指定。

あっという間に手続きは完了。早い・・・

さらに驚いたのは、水曜日引き取りで金曜日には到着。

ま、まったく新しいものに代わっているだけではあるのだが、この早さには驚いた。

引き取りに来てくれて、送ってくれるという楽さとこのスピードの速さには、感心させられた。

クレーム(ではないかもしれないが)対応ということでは勉強になった。

「そろそろ」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母性原理

昨日の安田工業さんの続きです。

機械加工でできた製品はそのもとの機械の精度を越えられない。

それを、母性原理というそうです。

安田工業さんでは、出来上がった製品に職人さんが手作業で精度をあげる工程があります。

それが、「いつかはYASDA」といわれる精度を作っている。

納入時ではそれほど変わらないそうですが、長く使っているとほんのちょっとしたミクロンのずれが原因でおおきなずれに変わってきてしまい、結果、精度がでなくなる。

自分のところの技術に自信をもち、よいものを届けるんだという、日本のものづくりの心をみた気がしました。

「ヘルメットなしでラッキー」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの鉄鋼機械工業部会出席

本年度、PTAの行事と重なってしまい、なかなか参加できなかった鉄鋼機械工業部会の地区大会。

やっと参加することができました。

今回はメンバーの安田くんが社長を務める安田工業株式会社さんの工場見学。

精密機械加工の工作機械を作っている会社です。

メンバーにも安田くんのところの機械を使っている会社がたくさんあり、聞くと「いつかはYASDA」というくらいあこがれであり、お客様に「YASDAの機械を使っています」というと「じゃ、安心だね」といわれるくらいだそう。

今回もたくさん学ぶことがありました。

もともとはエンジンのリサイクル機械から始まったそうです。

昔のエンジンは性能が悪く、しばらく使うと筒の部分がダメになってしまう。それを削って再生してまた使えるようにする機械の製作をしていたそうです。

ところが時代がすすむにつれてエンジンの性能がすすむにつれてその加工は必要なくってきた。

そこで、技術を活かして精密工作機械の製造にシフトしたとのこと。

その中でも、さらに時代の流れに合わせて、作る商品をシフトさせ現在の地位を築いてきた。

時代の流れを読んで会社を変化させていくこと。

固定観念を持たず、柔軟に対応していくこと。

「雨・・・」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川松さんでうなぎを

おひるごはん。

大阪からのお客さまのリクエストがうなぎ。

ということで法人会青年部でお世話になっている松澤さんのお店「川松」さんへ。

今回はお重で「いかだ」を注文。

どういうものかというと、普通のお重より若干横長のお重(比率的には普通のPCとワイド画面のPCくらい)にうなぎのかば焼きが2匹分真ん中で切らない状態で入っています。

「おいしい」

普通のうなぎは真ん中できって1匹が入っているだけなのでいかだはかなりボリュームがあります。

大阪のお客様にも満足していただけたようでよかったです。

「笹の川はおあずけ」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円 縁

BNIのリーダーシップチームトレーニングに参加。

次期メンバーシップ委員会という役割をになうことになり、必須のトレーニング。

な、なんと少林寺拳法で同じ道院に所属していたMさんにばったり。

もうかれこれ2、3年いやもっとか・・・

本当にお久しぶりでした。

あまり、長くはお話できませんでしたが、これをきっかけにまた、ゆっくりお話する機会をもちたいと思います。

なんだか繋がるものだな。。。

「縁」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事務所看板を作らせていただきました。

月に一度の交流会未来ビジョンでお世話になっている行政書士の湯原玲奈先生

事務所の看板の製作をさせていただいた。

今回は、ご自身で作られたものをもとにデータ化してフィルムに印刷それをアクリル板に裏から貼り付け。

それにステンレスのチェーンを丸環でつけた。

F1001402

湯原先生は大田区を拠点に活躍されている。

親身になって相談にのってくれるので、HPをご覧になって該当するお悩みなどがあればぜひ!

「暑い!」

☆(〆^_゚)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

中秋

今日は中秋の名月。

で、満月。

この組み合わせは6年ぶりだそう。

中秋の名月=満月だと思っていたので、ちょっとびっくり。

この日の南中高度が一番高くなるのが23時30分ごろということで、しっかり観賞いたしました。

携帯電話だと写真があまりに小さくて残念・・・

「うさぎ」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラマンと撮影

昨日に引き続いて、お祭り。

今日は、ウルトラマンとコスモスと一緒の撮影会。

撮影会がと並行して、くじ引きや金魚すくい、ヨーヨー釣り、ポップコーン、ジュースを販売。

本当に毎年この近所のどこにこんな子供たちがいるのだろうかというくらい来てくれます。

F1001400

昨日のショーに続いて今日の写真撮影も今年で最後。

怪獣やウルトラマン役の方々始めショースタッフの熱には本当に頭が下がります。

ショーも毎年毎年オリジナルの話を考えてださって、リハーサルも朝早くからギリギリまで・・・

縁日の設営まで手伝っていただいてしまい本当にありがたかったです。

来年から、ショーや撮影がなくなってしまうのは本当にさびしい・・・

子供たちのために、子供たちが集まるところを通じて大人やお年寄りたちのためになるような「場」作りを考えていかなくては。

「思案」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラマンショー

毎年恒例の若宮会主催の縁日。

今年もウルトラマンショーを開催。

F1001393

30年続いてきたこのショーも実は今回が最後・・・

ウルトラマンと、ウルトラマンコスモス、怪獣にはゴメスそしてバルタン星人とお父さん世代にはうれしい登場。

そして今回はさらにサプライズ。

初代ウルトラマンの中のひとでありセブンのアマギ隊員役の古谷敏さんがスペシャルゲストで登場!

お話をうかがったり、最後には握手と写真撮影会まで!

たくさんの子供たちと大人たちに来ていただき大盛況で終わることができました。

年に一度、旧交を温めるいい機会だったりするので、この「場」というものを大切にしたいと思います。

「来年は??」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギフトショー

今日まで東京ビッグサイトで開催されていた「ギフトショー」に。

西、東と両方で開催されているので、回るのも一苦労でした。

当社でも扱っているので消臭関係のグッズに興味が惹かれました。

会場を回っているといろいろなアイデアを実現した商品がたくさんあります。

目の付けどころ次第でまだまだ、新しいものは生み出せる。

普段の生活の中でアンテナをもっともっとはっていこうと感じた一日でした。

「天上天下唯我独尊」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学つながり

BNIで知り合った同い年で卒業年度も一緒のSさん。

そのお声掛けで、やはり卒年も年も同じMさんと3人で会食。

同門ということでなんとなく親近感もあり、話がはずむ。

仕事内容はまったく違うのだが、だからこそ話をしていると新しい発想も出てくる。

はじめてとは思えないくらい突っ込んだお話もできた。

「おお明治」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レース

毎週火曜日に開催されているBNIレインボーチャプター。

ビジネス上の紹介を目的にして活動しています。

今日はメンバーでレースの製造販売をしているイケナカ商事の池中さんの参加されるイベントの告知。

110906a

いろいろな種類のレースがあるようなので、手芸をされる方はぜひ!

「リンク」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座朔月 初鉄板前

お取引先の社長就任祝いで朔月さんへ。

何度もお邪魔しているのですが、夜の部で初めての鉄板前。

料理長大網さんの技を見ながらお食事をいただきました。

お料理がおいしくてお酒がすすんでしまいました。

F1001379牡蠣のバター醤油焼き・・・

F1001385総料理長大網さん

F1001386にく・・・

「じゅる」

☆(〆^_゚)







| | コメント (0) | トラックバック (0)

目には目を・・・って間違ってた・・・

「目には目を、歯に歯を」

やられたらやり返せ的な意味だと思っていたら、実は違うんですね・・・

されたこと以上のことをし返すなという意味らしい。

今朝の朝日新聞にコーランの記事が載っていて、夜のクイズ番組でも同じことを言っていました。

今日の今日まで、全然違う意味にとらえていました。

言葉だけでなく、思い込みって結構ありそう。

仕事面でも、改めて見直してみると思い込みでやっていることってかなりあるのかもしれません。

「ハニワ」

☆(〆^_゚)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ベビースターのトッピング

先日、東京駅での打ち合わせ終了後、「ジャンクガレッジ」で食べてみた。

F1001375

夏限定の冷やし。

ベビースターラーメンがトッピングされていて、まさにジャンク感満載。

思ったより、こってりではなく、他のメニューにも挑戦したくなった。

飾ってあるCDがつぼだった。

「とびはね注意」と書いてあり、まあ、汁のことではあるのだが、貼ってあるポスターや飾ってあるCDを見ると、違った意味にとってしまうかも。

「たてのり」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしい柳川鍋になれるのかな

まんが「美味しんぼ」に柳川の出てくる話があります。

その中で、主人公の山岡が「どじょうはそれ自体だけでは味覚の世界では一本立ちできるスターではない」といっています。

ごぼうと出会い柳川なべになることでおいしく食べられる。

さて、野田首相。

内閣が発足しました。

どじょうを引き立て絶妙の味とさせることの出来る「ごぼう」はいらっしゃるのでしょうか。

「山椒を効かせて」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関係ないと切り捨てない。

「本当にわかる心理学」(植木理恵著)という本を読んでいる。

その本によると、~認知心理学では「創造とは知識のない状態から唐突に浮かぶものではなく、すでにある、過去の知識を巧みに組み合わせる技術である」と考えられている~とある。

ある事象を元にそれを具体的レベルでのみとらえるのではなく、抽象度の高いレベルでとらえることが創造に結びつく。

ある現象から、その構造、メカニズムに関心を持つことが大切だと記されている。

仕事上の創造もそうだとおもう。

他社や他業種の現場を見学させてもらったときに、自分の会社とは扱うものが違うからとか業種が違うから参考にならないと思ってしまっては革新的なことは何も生まれない。

そこから、コアの大切な部分をみて、それと結びつけることによって革新に結びつくのだと思う。

核になっていることは何なのかそれを読みとる能力を養って行きたい。

「感性」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスターキートン 完全版

マスターキートン。

一番すきな漫画です。

絵は「20世紀少年」や「モンスター」などの浦沢直樹さん。

考古学者であり保険の調査員であるキートンの活躍を描く漫画。

と言ってしまうとあまり面白さを感じられないかもしれませんが、

社会情勢や考古学他、さまざまな要素があって勉強になるところもあり、ちょっとうるっとくるところもありとても面白い。

ドラマから映画になった「SP」にもその影響を感じてしまうのは僕だけではないと思います。(内容は全然ちがいますが)

さて、その「マスターキートン」、実は新刊を買おうとしても絶版になっていて中古以外では買うことができない状態でした。

「あの名作がなぜ」と思っていたのですが、どうやら原作に関してトラブルがあったらしい。

それが!

8月30日から完全版として順次刊行されることになったのです!

そして、一日遅れで購入。

F1001377

オリジナルも持っているのですが、数巻ないものがあって・・・

これでやっと全話がいつでも読める!

「祝」

☆(〆^_゚)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »