« がっちがっちに | トップページ | ほぼ日手帳 WEEKS 2012 »

市長として

毎朝の情報源として聴いているTFMクロノスの中のワンコーナー、三井住友アセットマネジメントマーケットレポート。

経済の動きを解説してくれる宗正彰さんとパーソナリティの中西哲生さんのやりとりが面白いのと、経済情勢についての勉強になるので聴いています。

今日の話題は、大阪のダブル選に絡んで、「もし、市長になったらどうしますか」というもの。

それに対して宗正さんは「その市の特性などを対外的にアピールしていく。その市と関わりを持ちたいと思う企業や人を増やしていくのが市長としての仕事。それによって経済の活性化をしていく。」と答えていました。

これは経営者にも当てはまる言葉だなと感じました。

経営者の一つの役割は、自社の特性を対外的にアピール、今までお付き合いのない企業や人に、関心を持ってもらうことではないかと思います。

自社の製品、サービス、人財を知っていただくために、どうしたらよいか。

考えていきいたいと思います。

「拡」

☆(〆^_゚)

|

« がっちがっちに | トップページ | ほぼ日手帳 WEEKS 2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市長として:

« がっちがっちに | トップページ | ほぼ日手帳 WEEKS 2012 »