« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

なかったものとおもって・・・

2月29日

ほぼ日のサイトを見たら「サボれ」と。

面白い。

閏年のボーナス日みたいなもの。

休みにするのではなく、会社には来るけどサボる。

普段できないことをやってみる。

4年後覚えていたらやってみようかな、全力でサボる日・・・

「余裕」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

協力メーカーさん訪問

先日、おそらく当社とは創業以来のお付き合いをさせていただいている協力メーカーさんにスタッフ数人と訪問した。

お取引のなかで、ほとんど決まったアイテムしかお願いしていなかったので他にもたくさんのアイテムがあることに驚いたスタッフもたくさんいた。

また、どんなやり方で生産されているのかを学んだこともひとつの大きな財産になったものと思う。

メーカーさんのスタッフの方もおっしゃっていたが、ただ単に「こんなものもあるんだ」ではなく、「こんなものができるなら、こういったものもできるかもしれない」と共同で開発することに結びつけていくことが大切なのではないかと思う。

そこにある資源を活かすことも重要だがこれから生き残っていくためには、お客様に、いかに今までにない、でもお客様にとって欲しかったものを提供してくことができる能力が必要であると考える。

協力してくださるメーカーさんにはたくさんの技術がある。

それらを活かしてお客様のほしいモノに結びつくのが、僕達の仕事だ。

「拡」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン Vol.2

さて、トイレに行った後は比較的快調に。

品川で折り返して再び銀座方向に向かいます。

2009年の時にはこのあたりでかなりきつくなっていたのですが、今回はそれほどでもない・・・

これは結構行けるかも!

と思っていたのですが、残念ながら銀座に戻ってきたあたりでかなりきつく・・・

浅草橋で再度トイレに。

固まりつつある筋肉をほぐしつつコースに戻り、蔵前へ交差点で東商でお世話になっている方にあった後、建築中の会社の前へ。

20120226

こんな感じでBNIのメンバーが待っていてくれました。。。

浅草で折り返した後も反対側で大声援。

さらに、39キロ地点。

最後の橋に向かって気力と体力を振り絞らなくてはならないところ・・・

20120226_2

BNIメンバーのお二人に補給を頂いて、

201202226

元気に復活!

一路ゴールを目指します。

おかげ様で完走!

知り合いの方だけでなく沿道の応援の方、そして何より本当にたくさんのボランティアの方々のおかげで無事に完走することができました。

「感謝」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン2012 Vol.1

ちょっと練習不足で不安を抱えながらの東京マラソン2012。

今回は当社のスタッフとJCの先輩と合流してスターティングポジションに。

トイレがすごい行列で、ギリギリになってしまいました。

F1001659トイレ待ちの間にとってもらいました。一緒にいた先輩はプロカメラマン。

スタートの号砲がなってから実際にスタートラインを超えるまで、およそ18分。

F1001660_3

ゆっくりとしたペースで、新宿からだらだらと市谷方面へ下っていきます。

ここで早くも先輩は先の方へ。

前回は出発してすぐにトイレに入ってしまい、25分くらいのタイムロスをしてしまったのですが今回は、そこはパス。

市谷から飯田橋へ向かう途中で幼稚園から高校まで一緒だったY君を発見。

F1001663_4 一枚とってもらいました!まだまだ快調。

理科大に差し掛かる辺りで家族と子どもの野球チームのチームメイトのお母さんたちに応援をしてもらいました。

そこから、飯田橋を右折、九段下の手前を左に曲がって皇居の方へ向かいます。

皇居がよく見えるようになったところで、1回目のトイレタイム。10キロの手前です。

ここで15分ほどロス。

「まだまだ」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ明日

明日の東京マラソンに向けてゼッケンをとりにビッグサイトに。

F1001657

2009年の時よりはすこしでも早くゴールできるように頑張りたいと思います。

今回もたくさんのボランティアの方が、お世話をしてくださっていました。

たくさんの方のお陰で走ることができます。

「感謝」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

校友会

年に一度の明治大学台東支部の校友会。

毎年たくさんの方が参加されます。

メインアトラクションはチアリーディング。

F1001653

不思議なもので、ほんとにがんばろう!って気になります。。。

「勇」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイムマシーン

「今が戻ってこれた時」

頂いた日めくりカレンダーにあった言葉。

ある方が思い描いていた人生と違っていて、タイムマシーンで戻ってやり直したいと言った時に言われた言葉だそうです。

過去にもどると未来の記憶が失われてしまうと思えば、もしかすると今が戻りたいと願った時点なのかもしれません。

そう考えてこれからをどう生きていくか。

素晴らしい未来を作っていくのは今この瞬間の自分自身の選択、行動なんだよな。

「瞬」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お客様によりそう

東京商工会議所台東支部青年部定例会。

今回は、もと日本航空キャビンアテンダントで帝国ホテルで働いたあとセミナー講師をされている森本由起子様の講演。

テーマはクレームをいかに活かすか。

一番大切なのはお客様によりそうことだと感じました。

もう一つ、クレームを言ってくださる方はまだいい。怖いのは言わないけれど離れて行ってしまうお客様。

そんなお客様を減らすために、お客様をよく観察してなにか気になることがないかを感じ取るそうです。

なにか有りそうだったらさり気なく声をかけてみる。

マニュアルにあるような「形」ではなくお客様のこころにひびく「なにか」が大切。

「キスして欲しい(ザ・ブルーハーツ)」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぶん双方向

助けているようで助けられている。

人間関係ってそんなものかなと思う。

「フィッシャー・キング」という映画がある。

落ちぶれてしまったDJがホームレスと出会い、恋愛の手助けをしていくが、

その実、自分が救われているというお話。

いろいろな側面があるので、人によっては違う捉え方のひともいるかも知れないが、

僕はそう捉えた。

家族や友人、その他たくさんの関係してくれるひとたち。

一見助けている、もしくは助けられているという一方的な関係に見えることもあるかもしれない。

でも、同時に裏には逆方向のエネルギーもながれている。

「純次さんでいこう」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校卒業25年かー・・・

最近FACEBOOKで、高校の同窓会をやろうという話で盛り上がっている。

どうやら、卒業して25年らしい・・・

出会うまでより卒業してからのほうが圧倒的に長いのだが、同じくらいにしか感じない。

探せばいるもので、グループにもだいぶ増えてきた。

さすがに400人近くいるとほとんどしらない人も多い。

どんな規模での開催になるのかわからないが、ここから付き合いのできる人もいるのかもしれない。

できるお手伝いはして盛り上げていきたいと思う。

「懐」

☆(〆^_゚)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

牛込A地区少年野球大会閉会式

牛込A地区親善少年野球大会決勝戦と閉会式が牛込第三中学校で行われました。

F1001648

4日から始まって、約2週間。

6年生にとっては今まで頑張ってきた仲間との最後の大会でした。

いちがやチーターズは1部は残念ながら3位までに入賞することはできませんでしたが、2部は堂々の優勝でした。

勝利を求めて試合をしますが、そこに至るまでの練習や仲間たちと過ごした時間がかけがえのない経験になったのではないでしょうか。

勝っても負けても涙を流せる、それくらいの思いで取り組むことが大切なのだと思います。

参加していた選手全員が輝いていました。

「ラスト」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本番まであと1週間

いよいよ来週の明日には、東京マラソン。

アキレス腱をいためてしばらく走れない時が続き、その後の練習の状況からも若干の不安はあります。

あと1週間調整して、体調だけは万全で望みたいと思います。

フルマラソンは本当に久しぶり。

これを機会にまた、他の大会にも挑戦していきたいと思います。

「気」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無駄を承知で

朝日新聞の人脈記を読んでの話題がもう一つ。

江戸小紋の染め師、小宮康孝さんは、毎年つかう型の20倍を彫り屋さんに注文するそうです。

無駄になることはわかっている。

なぜか。

「彫る技術を残してもらうためです。」と小宮さんは言っています。

また、手ぬぐいの川上千尋さんの描いた絵は、型屋さんから染め屋さんにわたって手拭いになります。

川上さんは「その人達にしごとをしてもらい、技術を残してもらうのが僕らの責任」とおっしゃいます。

お二人とも、自分たちのことだけでなく、その業界が生き残っていくためにどうしたらいいかを考えていらっしゃいます。

日本のものづくりをしっかりと残していくためには、伝統にあぐらをかかず革新を求めること、狭い視野での成功をもとめるのではなく、広い視野でお互いが生きていくことを考えなくてはならないと感じました。

「原点」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝統と革新

昨日かいた朝日新聞の人脈記よりもう一つ。

葛飾区の江戸小紋の染め師小宮康孝さんの言葉。「伝統産業は、その時その時の最先端技術を取り入れたから生き残ってきた」

先日、歌舞伎を観た時に感じたことにとても似ていました。

歌舞伎のスタートはまさにパンク。

そして、今でもその時々の技術を入れながら革新しています。

おそらく伝統にあぐらをかいて革新していかなければそのモノは衰退していってしまうのではないかと思います。

それぞれの核になる「なにか」は守りつつ、変化に対応していく。

その柔軟さこそが「伝統」なのではないでしょうか。

「栁」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝える

朝日新聞の「ニッポン人脈記」というコーナー。2012年2月15日の記事。

浅草の手ぬぐい店「ふじ屋」の絵師の川上千尋さんのことば。

「現役の人間が楽しく働いていなけりゃ、後継者は育ちません。昔の職人のように黙って仕事に打ち込むんじゃなく、自分の工夫や仕事の楽しさを伝える努力が必要です」

職人さんの世界だけではないと思います。

ぼくら大人世代がしごと、働くことを楽しみ生きがいを見出す。

人生を楽しみ、将来に希望が持てる世の中にしていくこと。

こどもたちに伝えていく。

ひとりひとりが意識をもって、大きな意識に変えていく。

「まずは」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのベンチマーキング参加

東京東武蔵野会のベンチマーキングに参加。

今回は、足立区にある綜合電材様に訪問。

スタッフ2名同行。

○「なるほど」と思うことを5個以上見つける

○ひとつ真似をして実行する。

以上2点を課しました。

他社さんのお話を伺うと、気づいたことを30以上や50以上というのが

当たり前。

実行することも3つ、期限を決めて、デポジットで社長に5000円を預け、

実行できたら、社長からおまけを付けて返してもらうというシステムが

当たり前。

まだまだ、甘いのですが、段階を踏んでいきたいと思います。

綜合電材さん自体は以前にお伺いした時よりもあるゆる面で進歩していて驚きました。

参考になることもかなりたくさん。

自分たちだけで行なっていると気づかないことがたくさんあります。

「一歩」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだたくさんあるなー

先日伺った東京商工会議所でお世話になっている先輩の会社。

釣り用品の卸をしています。

新しくできた物流倉庫を見せて頂きました。

商品の中に会社に扱っている商品をはっけん!

続きを読む "まだまだたくさんあるなー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもと違うコースで

東京マラソンまで、あと2週間。

普段は皇居あたりを走ることがおおいのですが、ラジオを聴いていたら、イベントがあるという情報。

普段走ったことのないコースに変更。

家から外堀通りに出て、市ヶ谷の駅に向かいそこから靖国通りへ。

靖国通りを九段下方面に走ります。

いつもは九段下のところで左に曲って飯田橋方面に向かうのでうが今日はまっすぐ神保町方面へ。

さらに進んで浅草橋で左折、江戸通りに入って蔵前の建設中の会社の前。

F1001638

そのまま春日通りにぶつかるところまで走り、そこから春日通りで水道橋まで。

水道橋で文京シビックセンターを回って後楽園の裏を通ってい神楽坂下交差点。

神楽坂を駆け上がったところで、クールダウン。だいたい12キロでした。

普段走らないところを、走るといろいろな発見があります。

ランニングだけでなく、やり方を変えてみるのは新たな発見につながります。

「試」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑顔がないのがよい世界!?

2月6日発売のスピリッツの「じみへん」

小学生の子供が、友だちの家を訪ねます。そこでのお母さんとの会話。

子供「前から思っていたんですが、この家は笑いが無いですね」

コマが変わって同じ子供

「ボクの家ではみんな笑顔だし笑いが絶えません」

友達のおかあさん「うちは必要ないからねえ」

コマが変わって同じくお母さん

「笑いは緊張を和らげるし、笑顔は相手に対して敵意が無いことを伝えるし不安も無くなるよね」

さらにコマが変わって同じくお母さん

「ということは野口くんの家ではみんなが緊張して不安だってこと。それを和らげるために笑いを作ってるってこと」

さらにコマが変わって同じくお母さん

「素敵なことだと思う」

さらにコマが変わって同じくお母さん

「うちは家族がお互いに信頼してて疑心暗鬼にならないから笑いはいらないの」

さらにコマが変わって同じくお母さん

「本当に心から信頼しあっていると自然と笑いは無くなっていくのよ」

コマが変わって同じくお母さん

「野口くんの家からもはやく笑顔が消えるといいね」

コマが変わって同じくお母さん(アップで字も少し大きくなる)

「あと世界中から笑いが無くなる日が来るといいと思う」

こんな感じです

笑顔がないほうがいい世界なのか!?

「さてどう考える?」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠方より・・・

日本青年会議所鉄鋼機械工業部会でおせわになったMさんが来社。

金沢から東京にいらしたついでに寄ってくださいました。

同い年で同期卒業。

青年会議所は40歳で卒業なのですが、その時にできたつながりが卒業してからとても生きています。

おいで頂いて、貴重な情報交換の機会を得ることが出来ました。

今年は、同期会を盛り上げていきたと思います。

「経験者」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに聞いた「エリア88」と大切なこと

朝のTFMの「クロノス」の中の一コーナーでスマップのメンバーが交代交代で天気予報とちょっとしたお話をする5分くらいのコーナーがあります。

今週の担当は稲垣吾郎さん。

今日話題は漫画でした。

稲垣さんはあまり漫画を読まないそうです。

唯一全巻揃えているのが、「エリア88」。

実はこの漫画僕も全巻持っていてとても好きで何度も読んだ漫画の一つ。

新谷かおるさんという方が作者です。

内容は、日本の航空会社のパイロット候補生が同期の親友に騙されて、傭兵の戦闘機パイロットにされてしまい・・・というもの。

戦場という極限状態での生に対する思いや友情、日本にいる恋人への思い、裏切った親友経の思いを中心に描かれています。

新谷かおるさんは「ファントム無頼」という自衛隊のパイロットの漫画の作画や「ふたり鷹」というバイクレースの漫画をかかれたりしています。

メカニックの絵がとても綺麗な漫画家の方です。

そしてほとんどの作品に共通するのは「ユーモア」。

「エリア88」も上に書いたような内容紹介だけみると重く暗い話のように感じてしまうかもしれませんが、笑える場面があって暗くはありません。

「ファントム無頼」の中にユーモアをテーマにしたエピソードがあり、その中に「戦争などを回避できるのは人間にユーモアがあるから」的なことが描いってあります。

その言葉がこころに残っていて、僕の中では「人生でもっとも必要なものはユーモアのセンス」という思いがあります。

どんなに状況が悪いときでも質のいいユーモアを忘れない。

笑いは自分だけでなく、周りにいるひとも勇気づけることができるのではないかと思います。

「Good Sense of Humor」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BNI オールスターミーティング@京王プラザ

AM6:30 京王プラザホテル エミネンスホール。

400人を超えるメンバーが集結。

F1001623

毎週火曜日に行なっているBNIレインボーチャプターの異業種交流朝食会。

日本全国で70近いチャプターがあります。

今日は各チャプターから代表者が1名でての40秒プレゼンをするという「オールスターミーティング」

通常の定例会と同様の進行。

各チャプターから、オブザーブでの参加が多いのですごい人数です。

選出された代表者のプレゼンを伺いましたが、非常に高レベル。

普段の自分のプレゼンに生かせそうなヒントを幾つか頂きました。

○印象深いつかみ。

○数字などを上げながら自分の強みを具体的にイメージさせる。

○メモリーフックと言われる自分を思い出してもらうためのキー。

普段の例会では60秒ですが今回の40秒という短い時間にそれらを入れてプレゼンされた代表者の方々には感服しました。

「刺激」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏切りのカレー、お昼の幸せ。

今日のお昼ごはんは、BNIメンバーの大網さんが料理長をつとめる銀座朔月で。

お仕事の打ち合わせもあって、11時30分から14時まで長居してしまいました。

頂いたのは、特製カレー!

A5山形牛の牛すじを使ったとってもおいしいカレーです。

F1001619

もともと、従業員の方のまかないメニューだったものをBNIメンバーが食べさせていただき、美味しくて表メニューに!と懇願して普通に食べられるようになりました。

お肉の自然な甘みがとてもやさしい。

カレーといえばスパイシーなものを期待してしまいます。

辛いもの大好きで、甘いカレーにはいろんなスパイスを加えてしまうぼくですが、このカレーはこのままで。。。

ランチメニュー、美味しいくてボリュームがあるものが多いのですが、この限定カレー、ぜひ一度は。。。

「またお腹が減ってきた・・・」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せ感度

今年のはじめに、スタッフの女子の「今年は幸せになる」というスピーチをした時のことを書きました。

http://tokyo-metal-shimam.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-8390.html

大きく2つのことを言っていました。

「一つ目は、何気ない日常を送る事ができることが幸せなのだと感じるようにすること。

去年のように震災など非日常的なことがあり、今だに通常の生活に戻れない人たちがたくさんいる。でも、毎日ごはんが食べられて生活できている自分たちがいる。そんなことが幸せなんだときちんと認識していきたいということでした。

もう一つは、他の人に喜んでもらえることをする。

仕事でもなんでも相手のためになることを考え、喜んでもらえるようにしたい。その喜んでいる様子をみて幸せを感じられるようになりたい。」

たぶん日常にはたくさんの小さな「幸せ」があって、それに気づくことが大切なのかもしれません。

身の回りにある「幸せ」に気づいてあげる、「幸せ感度」をあげると小さな幸せが集まって、それが大きな幸せにつながるのかな。

そしてもうひとつ。

一見不幸に思えることが、見方を変えると幸せにつながっていたりすることもあります。

例えば、電車に乗り遅れてしまって悔しい思いをしていたらその電車が事故にあったとか・・・

そんなベタなことはあまりないかもしれませんが、考え方ひとつで変わることはたくさんあると思います。

「意識の照準を幸せにあわせてみる」

☆(〆^_゚)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

市谷チーターズ 最終大会に望む!

昨日の開会式続いて、我がチーターズ1部1回戦。

2部は昨日17対3で大勝!

続けるか先輩たち!?

ということで始まった早稲田ジュニアとの対戦。 

小さなヒットから着実に点を取った早稲田に対して、いいあたりが何発も出たのに野手正面でしっかり処理されてしまい、得点に繋がらなかったチーターズ。

残念ながら、0対2で惜敗。

6年生にとっては今まで一緒に頑張ってきた仲間との最後の試合。

受験戦列を離れていたり、プロチームの下部組織で頑張っていたりしたメンバーも久しぶりに戻ってきての試合。

それぞれに力を出しきりました。

これから中学に進むと離れてしまう仲間もいるかも知れません。

また、すでに転校して離れて行ってしまった仲間もいます。

このチームで一緒にした楽しい思い、つらい思い。

頑張った記憶。

みんなのこころのどこかに、カケラのように残って

なにかの時に、大きく膨らんでその時のみんなのエネルギーや支えになるのではないでしょうか。

2度とは得られないこの仲間との思いでを大切に。

F1001615_2

指導してくださった監督、コーチ、面倒を見ていただいた保護者の方々に

心より感謝します。

ありがとうございました。

「2部は21対0」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お役目 ラストスパート

PTA副会長のお役目も、もう少しで終わり。

今日は地域の少年野球大会の開会式。

昨年までは、参加チームの父兄として出ていましたが今年は設営側。

プログラムでご後援いただいている団体の会長のお名前が昨年のままだったという痛恨のミス。

確認に確認をなくてはいけない所でした。

開会式は無事終了。

約2週間、特に6年生は最後の大会です。

仲間と過ごした時間を思い起こしながら、頑張ってほしいと思います。

「回」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国拳法体験2回目

中国拳法二回目の体験。

今回はストレッチと5つの構え、形を教えて頂きました。

構えの5つ、下半身をしっかり沈めるのですがこれをやるだけで汗は出るし、筋肉が震えてきます。

普段いかに使っていないか・・・

鉄アレイとか器具がなくても身ひとつで十分鍛えられます。

少林寺拳法でやった形とは全く違う形をやりました。

かなり楽しいです。

「整える」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目の前で石臼挽き

連れて行っていただいた新富町にある「流石 はなれ」。

蕎麦懐石のお店。

お店に入るとカウンターのみで10席くらい。

オープンキッチンで、こぶりな直径30センチくらいの石臼やそばをうつ鉢が見える。

とてもよく整理されていて清潔感がある。

先発のお客様が二人ほど、どうやら後続の方を待っている様子。

席についてビールを頂いて早速お料理がはじまる。

一緒に出てきた蕎麦味噌がおいしい。

ゆずの風味が少しあってそばの実がポリポリと香ばしい。

すぐに日本酒に進みたい気持ち、MAX。

そこに、生のそばの実を別皿で出していただいた。

つまんで口に含んで軽くかんでみるとほのかな甘み。

ご主人が一人で切り盛りをしているのだが気がつくとそばがきを練っていらっしゃる。

実は、そばがきをきちんと食べたことがなかったので期待度アップ。

座禅を組んだときに組み合わせた手の上にちょうど乗りそうな大きさのそばがき。

綺麗なうぐいす色。その上にそれよりも濃い色のわさびが。

何も付けずに食べるとこれが甘い。

日本酒がすすむ。

お料理は進んで、見ていると石臼でお蕎麦を挽いている。

そして、その粉をその場でお蕎麦に仕立ててくれた。

素晴らしい手際。

最後に、そばサラダ、温かいそば、冷たいそばと怒涛の3連続、畳み掛け。

やられました。

温かいお蕎麦でもしっかりそばの味が。

手打ちそばのお店には何軒も行ったことがありますが、目の前で挽くところからやっていただいたのは初めて。

「ノックアウト」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

告別式にて

当社ととても長く深くお付き合いしていただいている会社の会長の告別式。

昨晩のお通夜にもとても多くの方がいらっしゃっていたのですが、

本日の告別式にも多数の方がいらっしゃっていて、お人柄が偲ばれました。

最後まで、ご一緒させていただいて、息子さんである社長や長年お勤めの社員さんや関連する町工場の社長さんのお話をお伺いすることが出来ました。

高度成長期になくなった会長世代の方々がいかに働いていらっしゃったのか。

それが現代日本の経済成長を支えていたんだなと改めて感じました。

家族のため、会社のため、そう思って身を粉にして働いていたことが結果、経済成長につながっていたのだろうと思います。

この時代にどうそのその精神を生かして行かれるか。

「悼」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »