« 市谷チーターズ 最終大会に望む! | トップページ | 裏切りのカレー、お昼の幸せ。 »

幸せ感度

今年のはじめに、スタッフの女子の「今年は幸せになる」というスピーチをした時のことを書きました。

http://tokyo-metal-shimam.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-8390.html

大きく2つのことを言っていました。

「一つ目は、何気ない日常を送る事ができることが幸せなのだと感じるようにすること。

去年のように震災など非日常的なことがあり、今だに通常の生活に戻れない人たちがたくさんいる。でも、毎日ごはんが食べられて生活できている自分たちがいる。そんなことが幸せなんだときちんと認識していきたいということでした。

もう一つは、他の人に喜んでもらえることをする。

仕事でもなんでも相手のためになることを考え、喜んでもらえるようにしたい。その喜んでいる様子をみて幸せを感じられるようになりたい。」

たぶん日常にはたくさんの小さな「幸せ」があって、それに気づくことが大切なのかもしれません。

身の回りにある「幸せ」に気づいてあげる、「幸せ感度」をあげると小さな幸せが集まって、それが大きな幸せにつながるのかな。

そしてもうひとつ。

一見不幸に思えることが、見方を変えると幸せにつながっていたりすることもあります。

例えば、電車に乗り遅れてしまって悔しい思いをしていたらその電車が事故にあったとか・・・

そんなベタなことはあまりないかもしれませんが、考え方ひとつで変わることはたくさんあると思います。

「意識の照準を幸せにあわせてみる」

☆(〆^_゚)

|

« 市谷チーターズ 最終大会に望む! | トップページ | 裏切りのカレー、お昼の幸せ。 »

コメント

その昔、後輩クンが
「僕は幸せのレベルが低いので
 毎日とっても幸せです」と言ってました。

その時から、それぞれの人の
「幸せのレベル」を考えるようになった私。

投稿: babu | 2012年2月 7日 (火) 12時00分

コメントありがとうございます!!
レベルが低いと言う言い方もできるかもしれないけれど、幸せに敏感ていったほうがいいかなーなんて。
人生いろんな楽しみが多いほうがいいなーと思うので、食べ物でも嫌いな物はあまり無いです。楽しいって思えることが多いほうがいいなーと。

投稿: shimam | 2012年2月 8日 (水) 01時10分

敏感(^^)いいね~。

低い、と言った後輩クンはたぶん
そのとき周りにいたのが先輩ばかりだったから
自分のことをちょっと下に置いた発言というか
遠慮してというか
笑いを取ろうというか(笑)

そんな感じだったんだと思います。

確かに食べ物で嫌いなものがないと
シアワセ度がいっきにアップする!!

私も大嫌いだった食べ物で
30歳過ぎてから食べれるようになったモノが
けっこうあります♪
あえて嫌いなものに挑戦して克服しました(爆)

おかげでシアワセが増えた~~

投稿: babu | 2012年2月 8日 (水) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せ感度:

« 市谷チーターズ 最終大会に望む! | トップページ | 裏切りのカレー、お昼の幸せ。 »