« お祭りの準備 | トップページ | 勉強も遊びも »

活路を見出す

ひさしぶりのエントリー。

オリンピックの話題でもちきりですが、全く違うお話。

BNIでお世話になった建築士さんからのご紹介で、座間のプレス会社さまを訪問。

自動車関係のパーツのプレス加工をされている会社さんでした。

会話の中で、この先、日本のモノづくりはどうなっていくのでしょうねという話が出ました。

当社の関係でもいわゆる町工場が、高齢化で後を継ぐ人がおらず閉めてしまうという事例が少なからずあります。

帰り道、紹介して下さった建築士さんが「私の知り合いで極細の針を作る技術を持っている会社があるんですよ。そこは日本で作って海外で売っています。紛争などがあると注射針が売れるんです。そこでその技術の高さを武器に販売しているんですよ」とおっしゃっていました。

まだまだ、海外においては日本ブランドは力を持っていると思います。

技術力の高さをもって発想力を活かして海外で勝負する。

日本のモノづくり企業の生きていく一つのやり方だと思います。

ただし、それには急がなくてはなりません。

このまま技術が継承されない状況が続けば日本製品に対する信頼性がなくなってしまいます。

勝負できる今のうちに、ユニークな海外で通用する製品を開発していかなくてはならないと考えます。

その方向に向かって、知恵を絞ります。

「汗をかいていこう」

☆(〆^_゚)

|

« お祭りの準備 | トップページ | 勉強も遊びも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517488/55334103

この記事へのトラックバック一覧です: 活路を見出す:

« お祭りの準備 | トップページ | 勉強も遊びも »