« 活路を見出す | トップページ | 地上300mの軟式野球ボール »

勉強も遊びも

子どもを見ていて思うのですが、対戦カードゲームのかなりわかりにくいルールだったり一枚一枚の持つ属性などについてはすぐに覚えるのに、勉強となるととたんに覚えられなくなるのでしょうか。

純粋に覚えるという行為においては、変わりが無いはずなのに。

キーワードは「楽しい」なのではないかと思います。

勉強でもその「楽しい」を作り出すことが、出来れば勉強で覚えなくてはいけないことも、スムーズに覚える事ができるのではないかと思います。

自分から勉強したくなる仕組み、これを作るのが親の役割かな。

「楽しい」を作ること、他にも応用がききそうです。

「FUN」

☆(〆^_゚)

|

« 活路を見出す | トップページ | 地上300mの軟式野球ボール »

コメント

「楽しい。」大事ですよね。

投稿: 田中洋輔 | 2012年8月 3日 (金) 11時10分

田中さん
コメント有難うございます。
「楽しい」大事です!
というか、僕の場合、最優先事項らしいです。いろんなもので観てもらったのですが、どんな見方をしてもそれがないとダメらしいです・・・

投稿: shimam | 2012年8月 5日 (日) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517488/55340234

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強も遊びも:

« 活路を見出す | トップページ | 地上300mの軟式野球ボール »