« 2013年3月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

東京マラソン2014

東京マラソン2014。

駆け込みで申し込み。
今年はどのくらいの倍率になるかわかりませんが、なんとか3回めの当選の報を聞きたいものです。
やはり、目標があってこそそこに向かって努力できるのだと思います。
なにごとも自分なりの目標を定め、達成する喜びを得る。
脳にとって一番の栄養かもしれません。
☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おさかな

20130828_19_29_54_800x598

先日異業種交流会の仲間と行った居酒屋さん。
すごいボリュームでした。
値段はとてもリーズナブルで、ボリュームだけでなく味も満足のいくものでした。
☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節のかわりめ 

先週の土曜日、昨日28日、そして週明け2日とお通夜です。

季節の変わり目はお亡くなりになる方が多いのかもしれません。
当然、ぼくらも体調を崩しがち。
朝のラジオで健康についてのお話をしているコーナーがあります。
「明日に架ける橋~健康スイッチ」という番組で「体温を上げると健康になる」の著者斎藤真嗣
さんがお話をされています。
毎回色々なテーマでお話されているのですが、繰り返し出てくるのは、「睡眠」と「運動」
「睡眠」に関しては、「22時から2時のゴールデンタイムに寝る」「暗くして寝る」の2つが肝のようです。
そして「運動」に関してはハードな運動は必要ではなく「ウォーキングを女子は6000歩、男子は8000歩」を目標に行うことが大切のようです。
睡眠がなかなかしっかりとれていないぼくとしてはなかなか耳の痛い話。
少しでもしっかり睡眠が取れるよう改善していきたいものです。
☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミーティング三昧

幹部ミーティングに始まり、営業ミーティング、マテリアルミーティングと終日ミーティングの一日でした。

今回は何時もにも増して、ぐぐいっと突っ込んだ話ができました。

まだまだできていないことがたくさんありますが、みんなが高い意識をもって仕事に向かってくれています。

伸び代がたくさんあるということはもっともっとみんなが成長できるはず。

うまくいかないこと、自分の思うこととは違うことはたくさんあるかもしれませんが、みんながそれぞれの成長を願い、結果として会社が成長していかれたなら、とても嬉しく思います。

働きやすい環境を作るために、考えたことを実行に移して行こう。。。


☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のラン

昨日は久しぶりのランニング。

同走メンバーは会社スタッフとそのお友達、そして今年の谷川真理駅伝で仲良くなった社労士の先生。
神宮のスケートリンク施設内にあるロッカールームに荷物をおき、外苑から246、迎賓館を経て外苑にもどり外苑をさらに1周。
途中、夏恒例の神宮の森バーベキューのそそられる香りを振り切って、約6キロ。
久しぶりだったので無理せず、ゆっくりゆっくり。
ロッカーのある施設はなんだか昔の山中湖やらにあった合宿施設を思い出させるものでした。
そろそろ秋に向けて本格的に、鍛えなおそうかなと。
☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い立ったが吉日

ほぼ日刊イトイ新聞の昨日(2013年8月25日)の糸井重里さんのエッセイみたいなもの。

「思い立ったが吉日」という言葉について書かれていました。
リンクを張っても消えてしまうので、ちょっと引用させていたいただきます。
「・「思い立ったが吉日」という考えは、大発明だなぁ。
 なにか始めようとか、やめようとかするときに、
 ついつい、人は、月のはじめだとか、
 10の倍数だとか5のつく日だとか、
 目立つ数字の日を選ぼうとするものです。
 むろん、ぼくも、そうすることが多かったです。
 
 でも「思い立ったが吉日」という考えは、
 「切りのわるい数字でも、用意ドンだぜ」と言ってます。
 ちょうどいい日を待っているうちに、
 いろいろ条件やら都合が変化してきて、
 「やっぱりやめちゃう」理由がどんどん出てきます。
 そのうちには、ぐずぐずしてしまって、
 「はじめない、やめない」になりがちなんですよね。」
この言葉はもちろん知っていて、その意味も分かっていましたが、こうやって
改めて言われるとそうだよなと思います。

いい古された言葉かもしれませんが、こうやってもう一度見直すといい言葉ですね。

ということで、しばらく間が空いてしまっていましたが、「思い立ったが吉日」ということで、
復活します。

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年9月 »