体験!中国拳法

異業種交流朝食会に新しく入会されたCさん。

健康コンサルタントというカテゴリーで入会されました。

経歴がすごいです。

以下ご本人から頂いた経歴です。

私は中国武術というものを32年間行ってきた武術家です。
映画でおなじみのジェット・リーと同門で同じ師について幼少の頃より中国本土で英才教育を受けました。
日本や国際武術の大会で40枚のメダルを獲得する成績をおさめた後、大阪にて協会を設立し300名ほどの弟子の入門を受け、そのうちの15名が全日本強化選手に選抜、日本代表強化チームのコーチ、(財)JOC日本オリンピック委員会 武術部門 強化スタッフコーチを2000~2007年の7年間歴任致しました。この7年間で育成した選手が日本国内およびアジアや世界の大会で220個あまりのメダルを獲得させることができました。2008年に全てのコ
ーチ業を辞職しましたが、現在の全日本代表選手の8割が育成した選手であり今もなお活躍しています。
トップ選手育成で培ってきた武術技術とコーチングを一般の方々へ提供することを目的とし、フィットネスクラブ各社と契約、一ヶ月の集客3000名を超える武術インストラクターとなりました。
中国武術を究めたく中国で修行する中で武術と医学を同時に学ぶことに歴史上本来の武術家たるべき姿を感じ、それが、育成していた選手の体調管理、中国の国家医療「推拿」(すいな)という手技療法を学びました。
全日本強化コーチとして選手の育成時代、アジア選手権大会の日本代表権を獲得した選手がバイク移動中に電柱に激突し左膝蓋骨(膝のおさら)が粉砕骨折。事故後全く膝関節が曲がらなくなり、手術後のリハビリで推拿を施し半年間で選手復活、全日本で3位の成績を獲得。その他にも様々なケガの回復、成人病からの回復で癌、脳梗塞、婦人病からの回復の施術を行い多くの臨床を行ってきました。

これらの経験を生かし、末永く元気で健康を維持して行く為のコンサルティングを施し、さらなる学びと鍛錬を続け、世の中のために活動をしていくことが生涯の目的です。

チャプターメンバーで少しだけレッスンをレッスンをして頂きました。

中国拳法は基本の構えが私が少しかじったことのある少林寺拳法とは全く違いました。

中国拳法では拳を腰骨につけます。つまり肘がかなり後ろで上ににくるので肩甲骨がかなり内側によるイメージです。

対して少林寺拳法ではまっすっぐにうでを下ろした状態から自然にうでを曲げて構えるので肘が対側にきます。拳が体より前に位置します。

やってみると、中国拳法の構えは結構きついです。

ここから形にはいったのですが、それはまた別の機会に。

構えの違いは戦略の違い思想の違いにつながっているのだ思います。

継続的に勉強してみたいと思える体験でした。

「武」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゅはり

少林寺拳法の守法に鉤手守法というのがあります。

最初に習うときにはしっかりと五指を張り腰を落として肘を腰につけてと習うのですが、今回武専で少し違うやり方を習いました。

脱力して、相手の力を感じ取りそれに逆らわずに相手をコントロールするやり方です。

実際やってみると、力を抜くのが難しいのですが、力が抜けると面白いようにコントロール出来ました。

他の技でも考え工夫する作業がとても楽しく感じた一日でした。

このことを通して、「守」「破」「離」についての説明があったのですが、まずはそのまま真似をし次に、それを自分なりの資質にあわせて工夫していく、最後にはそこから離れ新たな境地を見つける。

仕事でもなんでも、その過程を踏み最終的に自ら考え工夫する段階になると楽しみの質が変わる気がしました。

ひとこと

「昇段」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開祖法話

少林寺拳法の武専。

カリキュラムの中に開祖法話という時間があります。

開祖がされた過去の講演のお話をテープで聞くというものです。

今回の法話の中で、「信頼できる人間をどれだけ作れるか、また、自分のことを信頼してくれる人間をどれだけつくれるか。どんなものや力よりそれを得ることが大切だ」とおっしゃっていました。

信頼を築くのには時間がかかる。それを壊してしまうのはいともたやすい。

一度壊れた信頼は、取り戻すのに築いた時間の数倍かかる。

ひとこと

「信用と信頼」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おそろしきかな圧法(ジャイアント馬場は関係ないです。)

少林寺拳法武道専門コース。本科修了審査。

無事終了。

つぎは昇段を目標に精進します。

今日のひとこと

「段階」

☆(〆^_゚)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブレイントレイニンBY少林寺拳法

来月の、武専進級審査に向けて、少林寺拳法の自主練習。体を鍛えるのはもちろんのこと、すごく脳トレになることに気付きました。技の名前を聞いて頭の中に瞬時にどういう技かイメージし、それを元に体を動かす。護身術として使うためには、繰り返しで体からある意味脳を介さず反応できるようになることが大切なのですが、そこにいたるまでの段階があらゆる学習に応用できると思います。

今日のひとこと

「勉強」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学ぶひとこと

先週今週と連続で少林寺拳法の武専でした。座学のリーダー論で講師の先生が、人の話は「目で聴いて、耳で聴いて、心で聴きなさい」とおっしゃっていたのがとても印象に残りました。話をしている人の方を見ながら聴くというのは基本ですが、おろそかになってしまったりします。端的に表わしていてぜひ、自分自身の確認として使いたいと思いました。

今日のひとこと

「昇段」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重なる言葉

少林寺拳法11月東京地区武専へ。

講師の先生が開祖がおっしゃっていたことだということで「間違っていてもいいから早く決断することが大事だ」というお話がありました。奇しくも私のいっている武蔵野さんのセミナーで講師の小山さんのおっしゃっていたこととまったく同じだったので、改めて真理だなーと思いました。

今日のひとこと

「即断即決」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改める習慣

少林寺拳法の武道専門学校本科の修了論文執筆・・・

11月30日が締め切りということで、もっと早くからやればあせらなくてすむのに・・・

どうしても火事場の馬鹿力に頼る悪い癖・・・

この習慣だけは変えなくちゃ・・・

今日のひとこと

「反省」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観る眼

少林寺拳法の武専へ。

本日は、実技の授業の中で「観る」ということの大切さを改めて勉強しました。たとえば「観た」あとに自分で実践できるように「観る」、あるいは比べてみてどこが違うのかを「観る」。漫然と「見る」ことをしていても、感じ取って実践できるようにみなければだめだなーと。

今日の一言

「Nescafé ゴールドブレンド」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)