鍛える

東京湾アクアラインマラソンまで1週間をきりました。

とうとう、東京湾アクアラインマラソンが来週に迫って参りました。

ゼッケンやICチップやらが送られてきました。

当日は木更津を走りアクアラインを海ほたるまで往復、そしてまた陸を走るコースになっています。

天気が良ければ海の上はとても気持ちがよさそう。

一つだけ気がかりは、ここのところまた増えてきたように感じる地震。

金曜日には千葉方面で震度4を観測し電車にも遅れが出たようですし・・・

津波に襲われたらどうしようか??

それはさておき、30キロを超えた走り込みをしていないので、若干不安もありますが、完走できるよう頑張ります。。。

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン2013出場権をかけた抽選の結果は??

9月26日の15時前

こんなメールが来ました。

「シマムラ マサヒロ 様
受付番号:264047

このたびは東京マラソン2013にお申し込みいただき、誠にありがとうございました。

定員を超えるお申込みがあり、厳正なる抽選を行いましたところ、
誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。」

残念!!(つд⊂)

東京マラソン2013落選です・・・

スタッフも取引先の社員の方もBNIのメンバーの方も・・・

今回は誰一人当選していませんでした。

どこからも、「当選した」という声を聞きません。

やはり波があるのでしょうか。

さて、10月21日のアクアラインマラソンに向けて、がんばろっと!!

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクシング

「ギリギリで勝つ」

パンフレットの言葉通りでした。

お取引先の社員の方のボクシングの試合。

1ラウンドノックアウト勝ち。

圧勝。

ギリギリじゃないのでは?

いえいえ、残り13秒を切ってからの、ダウン。

ラウンド終了ギリギリでした。。。

それまでの試合、判定にもつれ込むのはともかく、偶然のバッティングなどでストップがかかってしまうことが相次ぎ今ひとつ消化不良でした。

最後のメインイベントで、とてもいい物を見せていただきました。

とは言え、それまでの試合に出てきた選手たちもそれはそれは厳しい練習に耐え出てきたわけで、本人たちの方が悔しい思いをしているのだろうと思います。

本気のぶつかり合いは美しかったです。

F1002077

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴルフと呼んでいいのだろうか

久しぶりに、ほんとうに久しぶりにゴルフに行きました。

スコアはまあまひどいものでしたが、大きな迷惑もかけずになんとか回ってこれたかなというところ。

最初はボールの頭ばかり叩いしまい、散々でしたが途中から少しずつボールが捉えられるようになって来ました。

一緒に回ってくれた方が、嫌な顔一つせずにいてくださったので、こちらも気持ちが楽でした。

今回思ったのは、やはりある局面においいては頭が体の邪魔をするということ。

パターで短くもなく長くもない1m前後のものを打つときに、ゆっくりと形を作り時間をかけ頭に考えさせる間をもってしまうと、外してしまいます。

逆にぱっと構えてぱっと打つとスコンと入ってしまいます。

頭が考えだすと、体に力が入り、自然な振りができなくなってしまうのかもしれません。

無意識のほうがいい結果を生むこと、たくさんある気がします。

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと50日

10月21日に開催される東京湾アクアラインマラソン。

参加するBNIメンバー3人で練習会。

場所はお台場海浜公園。

記憶が確かならば初めての訪問。

F1001986

いつも街中で走っている僕にとってはとても開放的に感じられ気持ちが良かったです。

残念ながら、いつも剥けてしまう足の裏の皮が剥けてしまいあまり長い距離は走れませんでしたが、推拿整体の先生にみてもらいながら、また、メンバーとも情報交換しながら走れたのでとても楽しかったです。

朝の6時につくようにいくと大体30分くらいでつくことができるので、またいきたいと思います。

F1001992

☆(〆^_゚)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本番まであと1週間

いよいよ来週の明日には、東京マラソン。

アキレス腱をいためてしばらく走れない時が続き、その後の練習の状況からも若干の不安はあります。

あと1週間調整して、体調だけは万全で望みたいと思います。

フルマラソンは本当に久しぶり。

これを機会にまた、他の大会にも挑戦していきたいと思います。

「気」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもと違うコースで

東京マラソンまで、あと2週間。

普段は皇居あたりを走ることがおおいのですが、ラジオを聴いていたら、イベントがあるという情報。

普段走ったことのないコースに変更。

家から外堀通りに出て、市ヶ谷の駅に向かいそこから靖国通りへ。

靖国通りを九段下方面に走ります。

いつもは九段下のところで左に曲って飯田橋方面に向かうのでうが今日はまっすぐ神保町方面へ。

さらに進んで浅草橋で左折、江戸通りに入って蔵前の建設中の会社の前。

F1001638

そのまま春日通りにぶつかるところまで走り、そこから春日通りで水道橋まで。

水道橋で文京シビックセンターを回って後楽園の裏を通ってい神楽坂下交差点。

神楽坂を駆け上がったところで、クールダウン。だいたい12キロでした。

普段走らないところを、走るといろいろな発見があります。

ランニングだけでなく、やり方を変えてみるのは新たな発見につながります。

「試」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国拳法体験2回目

中国拳法二回目の体験。

今回はストレッチと5つの構え、形を教えて頂きました。

構えの5つ、下半身をしっかり沈めるのですがこれをやるだけで汗は出るし、筋肉が震えてきます。

普段いかに使っていないか・・・

鉄アレイとか器具がなくても身ひとつで十分鍛えられます。

少林寺拳法でやった形とは全く違う形をやりました。

かなり楽しいです。

「整える」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京マラソン、案内書到着

F1001610 2月26日開催の東京マラソンの参加案内到着。

前回は3月だったので2月の終わりという寒い時期に走るのははじめて。

前回よりも少しでも早くフィニッシュできるように、体調を整えつつ頑張っていこうと思います。

「気合」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験!中国拳法

異業種交流朝食会に新しく入会されたCさん。

健康コンサルタントというカテゴリーで入会されました。

経歴がすごいです。

以下ご本人から頂いた経歴です。

私は中国武術というものを32年間行ってきた武術家です。
映画でおなじみのジェット・リーと同門で同じ師について幼少の頃より中国本土で英才教育を受けました。
日本や国際武術の大会で40枚のメダルを獲得する成績をおさめた後、大阪にて協会を設立し300名ほどの弟子の入門を受け、そのうちの15名が全日本強化選手に選抜、日本代表強化チームのコーチ、(財)JOC日本オリンピック委員会 武術部門 強化スタッフコーチを2000~2007年の7年間歴任致しました。この7年間で育成した選手が日本国内およびアジアや世界の大会で220個あまりのメダルを獲得させることができました。2008年に全てのコ
ーチ業を辞職しましたが、現在の全日本代表選手の8割が育成した選手であり今もなお活躍しています。
トップ選手育成で培ってきた武術技術とコーチングを一般の方々へ提供することを目的とし、フィットネスクラブ各社と契約、一ヶ月の集客3000名を超える武術インストラクターとなりました。
中国武術を究めたく中国で修行する中で武術と医学を同時に学ぶことに歴史上本来の武術家たるべき姿を感じ、それが、育成していた選手の体調管理、中国の国家医療「推拿」(すいな)という手技療法を学びました。
全日本強化コーチとして選手の育成時代、アジア選手権大会の日本代表権を獲得した選手がバイク移動中に電柱に激突し左膝蓋骨(膝のおさら)が粉砕骨折。事故後全く膝関節が曲がらなくなり、手術後のリハビリで推拿を施し半年間で選手復活、全日本で3位の成績を獲得。その他にも様々なケガの回復、成人病からの回復で癌、脳梗塞、婦人病からの回復の施術を行い多くの臨床を行ってきました。

これらの経験を生かし、末永く元気で健康を維持して行く為のコンサルティングを施し、さらなる学びと鍛錬を続け、世の中のために活動をしていくことが生涯の目的です。

チャプターメンバーで少しだけレッスンをレッスンをして頂きました。

中国拳法は基本の構えが私が少しかじったことのある少林寺拳法とは全く違いました。

中国拳法では拳を腰骨につけます。つまり肘がかなり後ろで上ににくるので肩甲骨がかなり内側によるイメージです。

対して少林寺拳法ではまっすっぐにうでを下ろした状態から自然にうでを曲げて構えるので肘が対側にきます。拳が体より前に位置します。

やってみると、中国拳法の構えは結構きついです。

ここから形にはいったのですが、それはまた別の機会に。

構えの違いは戦略の違い思想の違いにつながっているのだ思います。

継続的に勉強してみたいと思える体験でした。

「武」

☆(〆^_゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)